出会い系サイト、Jメールとワクワクメールで知り合った、2人の男の人との食事デートなのですが、想像よりもずっと長く続きました。
2回か3回ぐらいで、回答が出るのではないか?と思っていたため、本当に驚きました。
2人の方は、デートをするたびに、交通費ということで2万円を支給してくれていました。
大きな収入ではあるけれど、語学留学するためには、全く届かない金額です。
本格的な金銭サポートには、程遠い状態でした。
だけど、友達の菜摘に、こういうところは我慢して、しっかりと好印象を与えていかなければいけないと言われ、万難を排してデートを続けていきました。

 

 最初の回答なのですが、Sさんからもたらされました。
「全額というわけにはいかないのだが、一部を負担しようと思っている。かなり真面目に留学を考えているからね。月極で40,000円の支払い、その代わり食事デートは月に2回〜3回。条件を飲めるなら、君に支援しようじゃないか」
このセリフを、やっと耳にすることができました。

 

 Sさんから遅れること1週間、Oさんからも朗報を聞かされることになりました。
「真剣な気持ちがよく伝わってきた。月に2回程度の食事デートに付き合って欲しい。月極の支払いで10万円を出そう」
とても優しい眼差しでした。

 

 2人のパトロンを発見!
菜摘から聞いた、パトロン募集方法がドンピシャとハマってくれました。
女の子の夢を応援したいリッチ層の、優しい男の人と、見事に契約ができました。
2人の、お金を支援してくれる人と出会え、留学という夢が大幅に前進しました。
パトロンからいただくお金を、後2年間貯蓄すれば、留学の諸費用に充てられます。
お二人のパトロンは「私に頼るだけじゃダメ。向こうでの生活費などは、自分のアルバイトで貯蓄すること。長期的に物事を考えるように」と、言い渡されています。
決して甘えるだけではダメ、自分自身での努力が必要だと、教えてくれているようでした。

 

 本当にお金に困ったら、最強の一角に位置する出会い系サイトを利用する。
菜摘の話していた通りの展開になりました。
女の子の夢応援希望の男の人が、数こそ多くないものの、そこにいるのです。
焦らず、じっくりと募集をしていくことで、出会いのチャンスがどんな女の子にでも巡ってくるって、言えるんじゃないかって思っています。
今は、パトロンになってくれた人たちと、どんな海外留学にするのかなどの話をするのが、何よりの楽しみになっています。

定番サイト女性は完全無料

支援してくれる人を探すなら迷わずココ!