パパ活アプリを活用しつづけました。
生きていくための収入が必要です。
子供と2人の生活を守らなければならないのです。
親友の菜良から教えて貰った出会い系アプリは素晴らしいものでした。
危険な思いをすることもありませんでした。
冷やかされることもありません。
真剣に出会いの欲しい人たちの集まる場所です。
特に料金の必要な男性は、真面目な方が多い印象でした。
コロナ禍もあり感染を避けるため、オンラインで関係を求める男性たちも多数でした。
パパ活の意味を理解している男性たちも多く、私は次第に多くの収入を得ていくことになりました。

 

 Jメールの中では不動産投資をしている男性との出会いに恵まれました。
各アプリの中で出会いをみつけられ、それらが収入になっていきました。
継続していただくことに成功です。
後ろ盾の男性からの援助の合計が月に28万円ほどの収入になった時、自分でも信じられない気分でいっぱいになってしまいました。
完全に収入が途絶えた私に、オンラインだけでこれだけのお金が手に入ってしまったのです。
本当にお金を振り込んでくれる男性との出会いがある、それがパパ活アプリの中でした。

 

 コロナの感染者が減って社会生活が元通りになり、仕事にも復帰できました。
2人の男性は、その後も関係を継続してくれ、子連れで食事デートに誘ってくれることもありました。
自分の給料と、パパからもらうお手当で、生活は以前よりもずっと楽になりました。

 

 第三波の緊急事態宣言延長で、再びお仕事の方が大ピンチです。
でも、以前のようにパニックにはなっていません。
2人の男性は、コロナがさらに激しくなったらオンラインで関係を継続してくれると言ってくれます。
また、アプリの中で活動していくことで、貢いでくれる人とも出会えるのです。
シングルマザーのパパ活は、いつだって成功させられる自信もあります。
だから、心を乱すことなくコロナ禍を生活できています。